テーマ:感謝

老いのかたち

当たり前の事だが、人は必ずいつかは、老いを迎える。 若い頃から老後を考えて、生き長らえたのであれば、 それはそれで、めでたい事だが、なかなか 人生ままならないのが、普通と思うがいかがなものか。 肉親との縁の薄さが深いシワとなり、心の傷が 人を寄せ付けず、かたくなに自分の殻を作ろうと 必死にもがいた青春時代。 人のや…

続きを読むread more

晩酌

結婚して生活も少し安定した頃から、ほぼ毎日と 云っていいほど、晩酌は欠かした事はない。 家内は必ず、つまみを用意しておいてくれる。 たとえ自分たちは、簡単に済ませた時でも、 オイラの分として、別メニューでこさえてくれる。                   有難い事だ。 オイラの仕事柄、必ず職場では賄い食があり、 食…

続きを読むread more

6月になると思い出す

オイラ これで終わりか もう 最後か 死ぬのか これで… "まだ 娘が生きていた時の お話しだよ" 今から26年ほど前 竹の子採りに 山奥に入ったんだ 北海道では 竹の子と言えば 笹の子の事です 熊笹の根元から ひょこっと 顔出して ここだよーなんて そんな風なもんだから いやぁー 参った …

続きを読むread more

心うきうき ポッカポカ

今日はあいにくの雨だけれど、全てを流し、忘れさせてくれる思いやりの雨に違いない。 仕切り直しを暗示するかのように、シトシトと、降り続けて、きっと明日はみごとな虹を 見せてくれるだろう。なにかしら、妙に心落ち着く、穏やかな午前3時。 軽くビールをあおり、つまみに食指を動かし、そしてナメナメ。もう一杯にと生ビール用の タンブラーに、…

続きを読むread more

ありがとうの気持ちに花添えて

このブログはオイラの楽しみ、オイラの心のよりどころ。 オイラの職場の方も、読んでいるので、多少意識するが ありのまま、心底より湧き出た言葉を文字に変え 思うがままに、なぞっている。ほとんどコメントは 戴けないが、時々オイラの心のひだにアイロンを かけて下さる方がいる。 とても、やさしいタッチで語り掛けてくれ、文字に 目を通…

続きを読むread more