テーマ:人生

悠久の時を超えて

時世時節(ときよじせつ)は 変わろとままよ~ と、いっぱしの親分にでもなったかのように、鼻歌フンフンと肩で風切ってたガキの頃。 誰が一番喧嘩が強いかなどと、気勢を上げてた貧困時代。 何故か毎日のように夢を見ている…。 それがずっと気になって…。 思い返して考えると、愚かだった…

続きを読むread more

仕切り直し

4月の末日となった今日は家内の眼科検診で、朝一番に出掛けて行き診て頂いた。 すこぶる順調そうで、ひとまずはホッとしている。 来月の8日には手術をした大きな病院での定期健診。 何事も無く経過良好とのお墨付きを貰えたらいいなと心より願う。 さてと、今度は俺の晩だなと気持ちを引き締めて…。 仕事の事や諸々の事…片付けて…。 明…

続きを読むread more

ガサゴソ

家内が入院した先月28日の晩御飯から、息子と自分の食事作りが始まった。 入院する前に色々と買い足してくれたのだが、長年の職業柄でガサゴソと冷蔵庫やら冷凍室をチェック。 半端もんから潰していくかと、またガサゴソ。 最近の立派な冷蔵庫は、いつまでも扉を開けているとピーピーと音が鳴って、 庫内の温度が上がり始めてるよ~と、兎に角う…

続きを読むread more

花冷え

4月もあと1週間で終わると云うのに、ここんところの気温の低さときたら、なんかおかしいんじゃない? 毎年と比べたら肌寒い日が続いて、重ね着するもうすら寒くて堪らんねぇ。 先月に写したモクレン。まだこの時の方が暖かだったなっ。 沢山写したモクレンの写真だが、ピントが定まらずどれもこれもボケてたわぃ。 結局2枚しか使えずち…

続きを読むread more

メリハリ

兎角ダラダラとしがちな毎日の生活を、リズムある生活にと心掛けている。 気持ちの持ちようでちゃんと出来るのだが、いかんせんブラリとお出掛けドライブが出来ずに、家でくすぶってるのは流石に辛いな。過日アップした天王川公園の藤棚も観に行きたいし、去年から目論んでいた茶臼山高原の芝桜もお預け状態で、何とも歯痒い想いに駆られている。 テレビを見…

続きを読むread more

滔々と

仕事を辞めてからというものは、生活のリズムが規則正しく刻まれている。 毎日早寝早起きで、早朝のゆめちゃんとの散歩を楽しみに、パッと飛び起きている。 この先仕事はどうするか?と、身の振り方に少々迷いはあって、 不安感も押し寄せてくるが、今はこの時を大事にしたいとも思っている。 滔々と時は流れるが如く、焦らずしっかりと見据えてい…

続きを読むread more

潮時

諸々色々と疲れて…。 退職して半月が経った。 悪い事は一度に重なる物だな。 最後に作った賄い。鮪のステーキと天婦羅の抱き合わせ。 家内と散策した天王川公園に、とても高くて大きな像があった。片岡春吉像の顕彰碑。 帰宅してからどんな人物なのかと調べてみた。 毛織物業界の父。 片岡毛織の創業者。との事。 …

続きを読むread more

追憶

今月20日の彼岸の中日に仕事から帰宅して、"さくら~ただいまー"と声を掛けると、 お団子とおやつと綺麗なお花が供えられていて、傍に飾られているさくらの遺影の顏が、 嬉しそうに微笑んでるようで、グッと胸に想いが募って、なんかねぇ 久々に泣けた~。 彼岸明けの23日に供え物を下ろして、お花の水を変えようとした時、 横に立て掛けて…

続きを読むread more

善行を積んで

ふぇ~っ まだ真っ暗な朝の5時過ぎに家を出て、稼いできたぞーぃ。 てか さながら忘新年会の、ピークのような忙しさだったわぃ。 そして明日は休みと、きたもんだい。 てか どんなもんだい、ってか。ナハハッ いやいや 正直な話、今月はもう休み過ぎ~。(笑)   津島神社のお隣にあったお寺を覘く。 俺とは宗派が違うけど、一休…

続きを読むread more

抗わずに

近頃は偉くも無いのに、ちょっと顎ひげを生やして、 <(`^´)>エッヘン!! と伊藤博文風に、斜(しゃ)に構えてる小生で御座りやす。 白毛に若干黒が混ざって、そこそこ偉人風の洒落っ気たっぷりのジジイに仕上がっておりやす。(笑) 枯れ木に花を咲かせましょ!! は「花咲かジジイ」 コロナの影響もあって些か仕事依頼が減り、…

続きを読むread more

滑空からの~大乱舞

彼岸入りの今日、朝仕事へ行くとき車内のナビでは、外気温が7度と低くとても寒かった。昨夜は風がゴーゴーと唸りをあげて、時折突風が我が物顔で、窓ガラスを叩き付けていた。気になりながらも眠りに落ちたと思ったら、今度はガタゴト ズズーッと何かを引きずる音が聞こえて、それからと云うもの寝付けず布団の中で悶絶。そして気付けば家内に起こされていて、慌…

続きを読むread more

寒桜

ぶらり観梅のミニドライブと洒落込んだものの、何故かあれもこれも素敵~と写しまくり。 そんな中、日本晴れの澄み渡った青空に映えて、寒桜が実に見事に咲いていた。 最近は仕事の休みが多くて、ともすれば憂鬱な気分になりがちだが、 眺めていると気持ちも晴れて"スカッ"として"パッ"となるからホントに不思議だわぃ。 雨が降っ…

続きを読むread more

摂社「姫之宮神社」

枝垂れ梅を観た大縣神社の境内の中に、摂社「姫之宮神社」が縁結びの神様として、そして女性の守護神として御鎮座。 雛飾りがあって何故?と思ったが、女性の為の守り神と云う訳でかな。 裏へ回ってみると「むすひ池」があって、小さなお社が池の真ん中にぷかりと。 立て看板をフムフムと読んでから、池の中をみたら硬貨…

続きを読むread more

奉拝

津島神社の南門前の駐車場に車を停めると、すぐ傍にお社が在ったので立ち寄った。 こちらは誰もが良く知る学問の神様の神社。 で、こっちは?とパシャッと写して、鳥居をくぐる。 ヒヤッとした空気をほわ~んと感じたような…。シャッターを切って更に突き進む。 お社を下から見上げて覗き込むが、御祭神が何なのか判らずに、もう1枚パシャッと写す。…

続きを読むread more

何でも無いような事が

今日は家族みんな仕事は休み。 昼時に息子がラーメン食べに行くぞーと連れてってくれた。 さぞかし流行りの噂のお店かと思いきや、いつもの所でちょっと拍子抜けだったが、声を掛けて誘ってくれる気持ちは本当に有り難い。 「食べ終わったら真っすぐ家に帰るのかい」と車中で尋ねたら、 「どこか行きたい?」と逆質されたので、大河ドラマの最後に出て…

続きを読むread more

せかずあせらず

思えば45年前…。 家内と最初に愛でた花は、確か黄色いサクラソウだったな…。 と… 懐かし気な気持ちにさせてくれるから不思議…。 仕事から帰宅すると色違いの花が寄せられて、エレベーターを降りた共有部分に飾られていた。 おっ プリムラかな?と聞いたら、えーとー これはサクラソウだよと家内が教えてくれた。 買ってきたばかり…

続きを読むread more

南新宮社

名古屋へ移り住んでから20数年にもなるのに、ちゃんと境内を見て回ってなかったのだと改めて痛感した。毎年1月には必ず参詣してるのだが、パンパンとやってお札を購入したら、そそくさと帰宅してた。今年はデジイチを首からぶら下げて、何気に思うがまま散策をしたら、おほっ 朱色のお社を見っけ。 周りの景色とは対照的に、ひと際目立って異彩を放って…

続きを読むread more

上知我麻神社

熱田神宮の境内の中にある、上知我麻神社(かみちかまじんじゃ)でも、御朱印が頂けると知り立ち寄った。そう云えば息子の高校受験前に2人で来て、合格祈願をした所だったと気付く。 学業成就の神様で知恵の文殊様とか云われてるそうだ。 何やら神妙な気持ちで聞き入ってしまい、ついつい姿勢を正してしまったわぃ。(笑) 1月も半ばの…

続きを読むread more

パンパンとね

年に1度初詣に行ったきり再訪などした事の無い小生が、 今年は御朱印欲しさに2度目の参詣・参拝ですぞっ。(笑) 本宮を写すも人でいっぱい。仕方なく下方をトリミング。 三種の神器のひとつである草薙神剣「くさなぎのみつるぎ」が祀られているそうで、悪しきものをスパッと一刀両断だぞっ。今年は2度も参拝したので、きっと御利益があるかもね~…

続きを読むread more

大楠

何日か前に仕事が休みだったので、家内を職場に送ってからその足で初詣に行く事にした。すると車中で家内から、御朱印帖は持ってきた?と云われて、あっ しまった~忘れて来た~と、新年早々やらかしちゃったと一人嘆くが、遅かりし由良の助てな訳よ。(笑) そして昨日、御朱印帖をバッグに忍ばせて、再度熱田神宮へ参詣と相成りやした。 大楠…

続きを読むread more

星の宮神社

令和になって初めてのお正月。 心も新たに1年のスタートだと云う事で、12月に訪れた星の宮神社を掲載。 和紙のふるさとで、工房と一緒に併設されている売店で、目的の御朱印帖を買い求めた。 御朱印もとお願いしたら、予め印刷されたのを渡された。 そしてご丁寧に星の宮神社までの経路を教えて頂き、 早速車で向かったが小さくて通り越して…

続きを読むread more

和紙のふるさと

駐車場に車を停めて周りを眺めながら、工房のある方へと歩き出す。 上り勾配の入口を入ったところで、下りてくるご夫婦とすれ違う。 なんか閑散としていて、一つ目の建物を見ると定休日の看板が掛かっていた。 すれ違ったご夫婦はそこで諦めて、引き返したみたいだった。 なんだかな~と思いながら折角来たんだからと、ずっと奥まで行こうと歩を進めた…

続きを読むread more

土性っ骨

たとえ自分がひとり取り残されようとも、最後の力を出し切って成すべき事をなし、 毅然と胸を張り我が道を全うする。 先月の写真だが…。 広い庭園の中でポツンと咲く一輪のバラを愛でる。 見てくれは悪く決して綺麗とは云えないが、その時の空気や風や太陽や気温、 周りのさびれた景色と相まって、妙に心の琴線が震えた。 歩を停めるの…

続きを読むread more

ジレンマ

12月半ばを過ぎて、今年も残すところ2週間を切った。 時は足早に過ぎてしまって、あっという間の12か月だったわぃ。 年の暮れも押し迫った今、平々凡々で1年を締め括れると思っていたら、 なんともまぁ~人間関係がギクシャクとなっちまって、勘弁してよ~てな具合だわぃ。 仕事に対する視点の位置が違い過ぎ~。 モチノキって種…

続きを読むread more

般若寺

若い頃には特段興味などなかったが、最近は神社仏閣を訪ねると、妙に気持ちが落ち着く。 この日もネット検索でヒットした所を訪れてみた。 覗き込むのだが…。 一歩踏み出して中へ入るのには、ちょっと勇気がいるんだよねぇ。 遠目から望遠でパシャッ。 延命地蔵尊と刻まれてる。ありがたや~。 今日はこれだけ(笑) ではで…

続きを読むread more

喜びも悲しみも

突き抜けんばかりの青空を仰ぎ見る。 風光明媚な景色を瞼に焼き付けながら、 しゃがれた落ち葉をペシャンと踏みつぶす。 そんな何でもない事が有り難く、 今ある事への感謝の気持ちが溢れてきて、 胸がキュンと熱くなる。 若気の至りでは片付けられぬ大失態も、今となっては遠い昔…。 己の言葉の暴力や腹立ちまぎれの悪態に、振り返…

続きを読むread more

忘れないで…

忘れないで… いつまでも… この時 この瞬間を… 記憶の断片に… いつまでも… 忘れたくない… いつまでも… 心に留め置いた… この色の重なり… 記憶の断片に… いつまでも… 薄れゆく想い出は確かにあったとて… なんの迷いが生じようか… 刹那に生きた証が心の襞に絡みついて… …

続きを読むread more

天満社

仏徳山観音寺をそそくさと後にして、家内が待つ車へ向かおうとしたら、あれっ この細い路地は?と進んでみると、その先は広い境内に繋がっていてビックリ。ちょっと驚きながらシャッターを切った。どっしりと構えたその風貌に、歴史を感じさせる重みがあった。 結構な広さの敷地には、神楽でもやるのだろうか舞台もあって興味津々。 不心得者はいね…

続きを読むread more

仏徳山観音寺

さしたる悩みがあろう筈もないが…。何故か寺社巡りと思い立って、ネット検索で調べてのミニドライブ。で、立ち寄った仏徳山観音寺。ずずぃーと中へ入りたかったが、こじんまりとしてはいるものの、ちょっと威風を放っていて敷居が高く思えた。覗き込むように見ると、幟が整然と両側に立ち並び、悩める者~きたれ~っ!! てな感じに受けて、シャッターも切らず仕…

続きを読むread more

リブート

愈々師走となって、今年最後の追い込みだな~と思ってみたところで、さして変わらない生活ではありますが、気持ちだけはそわそわ感でして、何か自分もまだまだ頑張れる~と思い違いをしてるのが、ちょっと恥ずかしいですわぃ。第一線でバリバリってのが、未だに忘れられない愚か者ですな~。 陽が当たる道をぽよよ~んと、ほんわかのんびりそしてゆっくりと…

続きを読むread more