貴様と俺

まだまだ気持ちはしっかりと持ち続けてるんだけど

やっぱりねぇ 段々と淋しさってのがあってねぇ 時々フッと思うんだなぁ


男同士の語らいみたいなもんを出来る奴が周りに居なくなっちまったなぁーってさ

若い頃には遊び友達も居たから「おい お前」などと腹を割って話せる仲間や親友が居たけど どうも歳を取るにつれてみんなバラバラになっちまってさ


若い頃の話だけど 貴様と俺とは一生友として付き合って行こうなって ふたり手を握って涙流しながら誓った友が居た…

そいつ 音信不通になって20年…

今どこに居るんだろうかなっ…

生きてんのかなっ…



今だって貴様と俺とは朋友(ポン友)なんだぜっ

何があったのかも知らんし 何故姿を消したかも解らんし…



今日は雨…


家中の戸を開け放してる…


秋風と云うにはちょっと肌寒い外気が おいらを震わせてる…


外は薄暗く しみじみと想うには出来すぎの朝のひととき…







"貴様と俺" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント