動転

色んな事が一度に重なって、身の回りに起きる不運に、嘆いていても始まらない…。
窮すれば通ずと信じて、前へ1歩踏み出すんだ。
そんな風に己を鼓舞して、毎朝ゆめちゃんと一緒に散歩してる。
お陰でお腹がへっ込んで、ベルトの留め穴が一番奥へ。(笑)

IMG_0704レッドウッドから覗く桜の木.JPG
コロナの怖さがまだまだ浸透してなかった先月、家内と出掛けたレッドヒル・ヒーサーの森。
世界一のっぽの木 レッドウッド(セコイア・センペルビレンス)の中を、心地良い風と共に通り過ぎた。
高くそびえ立った木立ちの間から、目に優しく映るのは山桜だろうか。

IMG_0684レッドウッド(セコイアセンペルビレンス).JPG   IMG_0698レッドウッド(セコイアセンペルビレンス).JPG
風光明媚なロケーションに暫し我を忘れ立ち止まった。

IMG_0361レッドウッド(セコイアセンペルビレンス).JPG

IMG_0362レッドウッド(セコイア・センペルビレンス).JPG  IMG_0688レッドウッド(セコイアセンペルビレンス).JPG

IMG_0712レッドウッドから覗く桜の木.JPG
ちょっと色変わりの桜だが、自然の中で醸す調和に感動した。

IMG_0666レッドウッドから覗く桜の木.JPG   IMG_0689レッドウッド(セコイアセンペルビレンス).JPG
  
IMG_0671レッドウッド(セコイア・センペルビレンス).JPG
充分堪能したので暗くならない内に帰宅する事に。
1時間半程のドライブの筈が…。
大渋滞にハマって5時間オーバーの、真っ暗な夜になって家に着いてしまった。
何とも後味の悪いお出掛けとなったが、世界一のっぽの木を観れた事は想い出だなと。


それから4日後…。
家内が右目の不調を訴え急遽眼科へ。
診断は硝子体出血との事で、紹介状を書いて貰い翌日の朝一番に病院で検査。
そして翌日に入院、次の日に手術と目まぐるしく進んで、今の所無事に成功。
幸いにも網膜は大丈夫で、出血が引くのを待っていたら失明だったと聞かされ驚いた。
ガスを注入して9日間うつ伏せ状態で入院するも、
なかなかガスは抜けず、退院後8日掛かってやっと抜けたようだ。
今日眼科へ行ったら、順調ですよと云われてホッと安堵したけど、
どうかどうかこのまま完治してくれる事を切に願っている。

ではでは~ノシ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yotti
2020年04月16日 22:31
ポッポさん どうも有難う。
視界もだいぶ広くなってきたみたいで、ホントに良かったです。コロナの為手術が終わっても面会は出来ず、病院に駆けつけること叶わずで、家でひとり気を揉んでました。
ポッポ
2020年04月16日 21:44
ゆめちゃんの お母さん 大変でしたね
早く受診したことと 他の病院への紹介状を書いてもらえるお医者さんであったことで
早期の手術を受けることができましたね
手術の後も うつぶせの体制も きっと お辛いことでしょう
どうか お大事になさってください
よっちさんも ご心配のことと思いますが お体に気をつけてください。