追憶にまどろむ

今日は終戦記念日であってお盆であって娘の命日でもあり
そこはかと胸キュンな重い一日だ

かと云って仕事を休める訳でもなく 何とも複雑な気持ちである

供養など関係の無い者たちには おいらが休めない事など気にもなるまい…



誰もがそうであるように人のことなど…



画像


朝早くから起きて仏さんの世話をして ひとり 座すれば…

ウトウトと追憶にまどろむも 知らずにポツリ 落ちゆる涙…


画像


既成のものでは心無く感じて 手作りのお団子をこさえたら
懐かしい子供の頃の匂いが鼻をついて蘇る


あぁー おばばの匂いだ…


画像


時を過ぎて…



段々と薄れる亡き人への想い…



まどろみの中でしか会えなくなった愛しき人たちよ



吾もまた いつしか追憶の彼方へ…



まどろみと共に…














この記事へのコメント

  • yotti

    不思議とね 13年忌を終えてからは娘を思い出しても 女々しく泣く事は少なくなりました

    いつも風さんの温もりあるコメントに頭が下がります

    ありがとう御座いますm(_"_)m
    2009年08月23日 04:21
  • お忙しいなか手作りのお団子をお供えしてお迎えされたのですね。
    お嬢様・おばば様・伯父様。皆さん喜んでいることでしょうね。
    お嬢様は17歳でしたか どんなにお辛かったかとお察しいたします。
    2009年08月21日 17:03
  • yotti

    なきむしさん ありがとう
    娘は生きてたら今年32歳なんですよ
    小生の中ではいつまでも17歳のままですが…
    2009年08月16日 14:53
  • なきむし

    こんばんは
    そうなんですか 娘さんを亡くされてるんですか
    物悲しい感じが伝わってきます
    元気出してくださいね m(__)m
    2009年08月15日 23:54

この記事へのトラックバック