もも字のうた 39

「ささくれし 君の手握り 胸詰まる
          やせ我慢する 物悲しさよ」
                         もも字

昔の人たちは がさがさに 手が荒れようが
頓着なく 一生懸命に 生きた

自分のことより 自分のことは後回しで
愛する者へ 一心に 愛情を注いだ

決して 今の人たちが そうではないと
云っている訳ではないが…



家内の 手を握った…
 こんなに 疲れてたなんて…


こんなに なるまで
 尽くしてくれてたんだね…

ありがとうなぁ おっかさん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

もも字
2005年12月25日 01:27
ポッポさん すべすべお手手は
とっても 気持ちがいいけど
実は がさがさお手手も まんざら
捨てたもんじゃないよ
たしかに 荒れてひりひり するけど
しわの ひとつひとつに その人の
愛情の深さが 見え隠れしてるような
なんて云うか 生き抜いてるぅ って
感じがするよ
小生はどうしても そんな暮らしの中で
育ったから 例えようもなく 一生懸命を
感じてしまいます

尻切れとんぼの お返事だけど
 こんな返事 おかしいかなぁ

また きてよぉ
2005年12月25日 00:24
もも字んさんの とこの おかあさんは  ポッポ みたいに
もう  指先 こんなよお  なんて 言わないんだろうな ..

優しい おかあさんに ありがとう だね

この記事へのトラックバック